Latest Posts

超激安Pelikan ペリカン 万年筆、ボールペン、インク、m400大特集

1832年ドイツ・ハノーバー家の宮廷画家を父に持つ科学者カール・ホーネマンが、ハノーバー・シュタインフーデ湖の工房で、独自の製造法により絵の具の生産を開始したのがペリカンの始まりです。 1863年、オーストリア・ウィーン出身の科学者ギュンター・ワーグナーが経営に参加し、1878年には自社製品の品質を保証するため、当時ヨーロッパでも珍しかった商標を登録しています。そのモチーフとなったペリカンの母子像は、ギュンター・ワーグナー家の家紋でもあり、ヨーロッパでは古来より母性愛の象徴とされています。「魔の山」「ベニスに死す」などの代表作をもつトーマス・マンや、「西部戦線異常なし」「凱旋門」を著したレマルクも、ペリカン万年筆の愛好者です。1回限りの特別生産品『スーベレーン320』–透明感のあるアクリルレジンのボディは鮮やかで美しい仕上がり。基本となるスーベレーン300と同様、シリーズの中で最も小型のモデルとなり、手帳やメモでの使用時に活躍してくれそうです。また万年筆はミニサイズながら吸入式となっており、ボトルインクからの本格的な吸入を楽しめるのも魅力のひとつ。初めての1本、毎日の1本としても最適。人気シリーズの「スーベレーン400」。そのクオリティと価格のバランス、そして永遠の定番と言われるベーシックな作りとシンプルなデザインで、多くのファンから絶賛されている「スーベレーン」シリーズ。ドイツ語で「スーベレーン=優れもの」を意味するこの傑作シリーズは、ギフトとしてもご自身への1本としてもご満足いただける逸品です。